教授:白鳥 義彦

履歴

1966年生まれ。1994年東京大学大学院総合文化研究科単位取得退学。パリ第一大学DEA課程修了。椙山女学園大学専任講師を経て、2001年神戸大学文学部助教授。

専門分野

社会学

これまで、デュルケームを中心とするフランス社会学の理論的研究、フランスにおける社会学の制度化の重要な背景としての第三共和政期の高等教育改革に関する研究、また近代国家形成と高等教育との関係についての日仏比較研究などを進めてきた。最近は、現代につながる幅広い文脈の中で、特にフランスを事例としながら研究や教育の制度的考察、社会における「知識」や「文化」のあり方などにも関心を寄せている。

主な著書・論文

「デュルケームの大学論――第三共和政の高等教育改革との関連で――」(『社会学評論』181、1995年)

『大学界改造要綱』(共著、藤原書店、2003年)

ピエール・アンサール著『社会学の新生』(共訳、藤原書店、2004年)

クリストフ・シャルル著『「知識人」の誕生 1880-1900』(翻訳、藤原書店、2006年)

佐々木衛編著『越境する移動とコミュニティの再構築』(共著、東方書店、2007年)

リュック・ボルタンスキー/エヴ・シャペロ著『資本主義の新たな精神』(共訳、ナカニシヤ出版、2013年)

藤井勝・高井康弘・小林和美編著『東アジア「地方的世界」の社会学』(共著、晃洋書房、2013年)