神戸大学大学院人文学研究科/文学部社会学研究室

神戸大学人文学研究科社会学研究室では、フィールドワークを通して現代社会の動態を調査分析し、社会構造と文化形象との相互関連という視点から、現代社会の諸問題、地域の固有文化・造形文化の変遷を巡る諸問題を国際的視野のもとに解明することにより、社会文化の形成に寄与できる人材を養成します。


イベント情報

金貞蘭先生講演会のお知らせ

4月18日にオックスフォード大学ウェルカムユニット医学史研究所の研究員である金貞蘭先生にご講演いただきます。また、4月26日には、同研究所所長のマーク・ハリソン先生もお招きし、お二人でご講演いただきます。奮ってご参加ください。

4月18日:金貞蘭先生講演会「植民地医療と、『独立』韓国へのその遺産

日時:4月18日(木)15時10分~

場所:神戸大学大学院人文学研究科B132視聴覚室

使用言語:日本語

金貞蘭さんは神戸大学大学院人文学研究科で博士号を取得され、現在はオックスフォード大学ウェルカムユニット医学史研究所で研究員をつとめておられます。今回、神戸大学外国人研究員として招聘された機会に、ご自身の研究についてご講演いただきます。



4月26日:金貞蘭先生・マーク・ハリソン先生講演会

Session 01

INFECTION, SURVEILLANCE, INTERVENTION: PERSONAL PERSPECTIVES ON INTERDISCIPLINARY RESEARCH ON INFECTIOUS DISEASES

感染、監視、介入:感染症に関する学際的研究への私的視点

Professor Mark Harrison

(Director, Wellcome Unit for the History of Medicine, University of Oxford)

マーク・ハリソン教授

オックスフォード大学ウェルカムユニット医学史研究所所長

使用言語:英語

Session 02

SURVEILLANCE, POLICING AND FILTRATION: QUARANTINE AGAINST REPATRIATES IN BUSAN AFTER WWⅡ

監視、警備、濾過:第二次世界大戦後の釜山における引揚者に対する検疫

Jeong-Ran Kim

(Research Associate, Wellcome Unit for the History of Medicine, University of Oxford)

金貞蘭

オックスフォード大学ウェルカムユニット医学史研究所研究員

使用言語:日本語


日時:2019年4月26日(金)15時10分~

場所:神戸大学大学院人文学研究科B132視聴覚室

オックスフォード大学ウェルカムユニット医学史研究所より、マーク・ハリソン所長、金貞蘭研究員をお迎えしてシンポジウムを開催します。多くのご参加をお待ちしています。



お知らせ

インスブルック大学のシュタウブマン先生が講演をおこないました

7月26日にオーストリアにあるインスブルック大学のヘルムート・シュタウブマン先生が講演をおこないました。

 

シュタウブマン先生には社会学的因果論についてお話していただきました。そのあとには、ディスカッションがおこなわれ、活発な議論が交わされました。


続きを読む

カレル大学のスコバイシャ先生が講演をおこないました

7月12日にカレル大学のマレク・スコバイシャ先生が講演をおこないました。

 

マレク先生にはチェコの社会学史についてお話していただきました。そのあと、ディスカッションがおこなわれ、参加者は日本では馴染みがあまりない東欧の社会学への理解を深めていました。


続きを読む

国際交流基金ブダペスト日本文化センターの多田所長が講演をおこないました

7月9日に神戸大学で、人文学社会学専修が主催し、国際交流基金ブダペスト日本文化センターの多田早苗所長が講演をおこないました。

 

神戸大学はブリュッセルやポーランドといった中東欧諸国との連携を深めており、ハンガリーをはじめとした13カ国地域を所管するブダペスト日本文化センターともいくつかの共同事業を発展させています。

 

多田所長には、ヨーロッパ全体と日本の関係を中心に、同日本文化センターの活動を紹介していただき、現地/現役の立場から講演をしていただきました。


続きを読む