神戸大学大学院人文学研究科/文学部社会学研究室

神戸大学人文学研究科社会学研究室では、フィールドワークを通して現代社会の動態を調査分析し、社会構造と文化形象との相互関連という視点から、現代社会の諸問題、地域の固有文化・造形文化の変遷を巡る諸問題を国際的視野のもとに解明することにより、社会文化の形成に寄与できる人材を養成します。


イベント情報

シンポジウム『芸術・身体・社会』開催のお知らせ

神戸大学社会学研究室は7月12日に芸術学教室、美術史学教室と共催で、メキシコ・イダルゴ州立大学芸術研究所視覚芸術学領域主任研究教授である横井川美貴先生をお呼びし、シンポジウム『芸術・身体・社会』を開催いたします。

シンポジウム『芸術・身体・社会』

現代美術における身体の表現:剥き出しの暴力、その存在と身体の不在、メキシコの場合

報告者:横井川美貴  / Miki Yokoigawa

(メキシコ・イダルゴ州立大学芸術研究所視覚芸術学領域主任研究教授)

討論者

久野はるな(芸術学・博士後期課程)

田儀佑介(美術史・博士後期課程)

2019 年7月12日(金)16:30〜

神戸大学文学部

A棟一階学生ホール

こんにちのメキシコ社会における暴力に晒された身体やその不在について、現代美術研究家であるとともに創作者でもある横井川美貴さんをおむかえし、特に最近UNAMの現代美術センターでAyotzinapaにおける学生大量失踪事件をテーマとした作品を発表した中国人作家アイ・ウェイウェイや身体と社会の関係を根本的に問い直すメキシコ系カナダ人電子アーティスト、ラファエル・ロサノ・ヘーメルの作品などを取り上げながら考察と議論を行う。

主催:神戸大学大学院人文学研究科、芸術学教室、美術史学教室、社会学教室


 連絡先:佐々木祐(社会学) tskssk@lit.kobe-u.ac.jp(@を半角にしてご利用ください)


お知らせ

インスブルック大学のシュタウブマン先生が講演をおこないました

7月26日にオーストリアにあるインスブルック大学のヘルムート・シュタウブマン先生が講演をおこないました。

 

シュタウブマン先生には社会学的因果論についてお話していただきました。そのあとには、ディスカッションがおこなわれ、活発な議論が交わされました。


続きを読む

カレル大学のスコバイシャ先生が講演をおこないました

7月12日にカレル大学のマレク・スコバイシャ先生が講演をおこないました。

 

マレク先生にはチェコの社会学史についてお話していただきました。そのあと、ディスカッションがおこなわれ、参加者は日本では馴染みがあまりない東欧の社会学への理解を深めていました。


続きを読む

国際交流基金ブダペスト日本文化センターの多田所長が講演をおこないました

7月9日に神戸大学で、人文学社会学専修が主催し、国際交流基金ブダペスト日本文化センターの多田早苗所長が講演をおこないました。

 

神戸大学はブリュッセルやポーランドといった中東欧諸国との連携を深めており、ハンガリーをはじめとした13カ国地域を所管するブダペスト日本文化センターともいくつかの共同事業を発展させています。

 

多田所長には、ヨーロッパ全体と日本の関係を中心に、同日本文化センターの活動を紹介していただき、現地/現役の立場から講演をしていただきました。


続きを読む