最近の著作から

白鳥義彦(教授)

Cahier d’histoire immédiate, No.48、特集「Trois ans avec Fukushima」

特集「フクシマとともに三年」を含む、トゥールーズ大学の出版局が刊行する現代史の学術雑誌。本特集は、「フクシマ後après」ではなく「フクシマとともにavec」経った三年という視点を基調として、2014年3月11日に同大学で開催された、日本の原子力の問題をテーマとするシンポジウムの諸報告とともに、白鳥が同年2月に同大学招聘教員として行った講義・講演「フクシマ後の日本における原子力の問題」に関する論考から成っている。(白鳥義彦)

(Presses universitaires du Midi, 323ページ, 2015年10月刊行)


ARESER, Christophe Charle et Charles Soulié (dir.)編著『La dérégulation universitaire : La construction étatisée des « marchés » des études supérieures dans le monde』

パリの高等師範学校で開催された科研による国際シンポジウムを含む、「大学の規制緩和:世界における高等教育「市場」の国家管理下の構築」を主題とする編著書。国際比較の視点から、フランス、日本、合衆国、スイス、ケベック、スウェーデン、西アフリカ、マグレブ、チリ等、多くの国の事例が取り上げられ、近年の新自由主義的な大学改革を批判的に検討している。白鳥は、日本における高等教育改革と大学のヒエラルキー化の拡大について寄稿した。(白鳥義彦)

(Éditions Syllepse (Paris) et M Éditeur (Québec), 352ページ,  2015年9月刊行)



平井晶子(准教授)

加藤彰彦・戸石七生・林研三編著『家族研究の最前線① 家と共同性』

「家」とは何か。「家社会」とは何か。

過去1000年の日本の家族の歴史と特質を、国際比較の視点を交えて描き出す。家族の変化を論じるためには、過去の家族について知らねばならない。平井は第4章を担当している。

(日本経済評論社, A5・384ページ, 5200円+税, 2016年9月刊行)


落合恵美子編著『徳川日本の家族と地域性―歴史人口学との対話』

日本社会の「地域性」という古くて新しい問いに歴史人口学からアプローチ

歴史人口学が日本に定着してから半世紀。徳川時代に存在していた個性豊かな地域性と家族を多角的に描き出した実証研究の新展開。平井は第1部第1章、第4部14章を担当、第4部16章を共著で担当している。

(ミネルヴァ書房, A5・546ページ, 8000円+税, 2015年7月刊行)



佐々木祐(准教授)

田中高編著『ニカラグアを知るための55章』

歴史的・文化的に極めて豊かで複雑な背景を持つ中米・ニカラグア。その魅力を多様な観点から描き出した野心的な一冊。「もう一つのニカラグア:大西洋岸とのかかわり」「狂った小さな軍隊:サンディーノと民族主権防衛軍」「保守主義の時代と自由主義革命:『保守党の30年間』とその帰結」「サンディニスタ革命期の文化政策:『あたらしい人間』のための文化」「先住民という『他者』:混血のニカラグア神話」の計5章を執筆した。(佐々木祐)

(明石書店, 312ページ, 2000円+税, 2016年6月刊行)