准教授:佐々木 祐

履歴

1973年生まれ

2008年 京都大学大学院文学研究科 博士後期課程 指導認定修了

2011年 博士(文学)学位取得 (京都大学)

2012年 大阪市立大学文学部 特任講師

2013年 神戸大学大学院文学研究科 准教授


専門分野

地域社会学・ラテンアメリカ社会研究

 

修士時代から、中米・ニカラグア共和国におけるエスニシティや文化構築について調査・研究してきました。また、メキシコ・チアパス州における先住民運動の展開とその社会的作用についても調査を進めています。最近は、関西在住のラテンアメリカ出身者(いわゆる『日系人』を中心とした)の社会関係形成に注目したフィールドワークを行なっています。歴史的・社会的諸力の交錯において、思いもよらない出会いや意外な「主体」が発現する局面に興味を持って研究を行なっています。

主な論文

「『先住民』と『法』の問題」、『ソシオロジ』、第四十八巻第三号、社会学研究会、2004年3月

「『先住民共同体』はいかに構築されたのか? ─ニカラグア:1880~1920」、『言語文化研究』、第十七巻三号、立命館大学国際言語文化研究所、2006年2月

「『革命芸術』の齟齬:ニカラグア壁画運動のたどった途」、田沼他編『ポスト・ユートピアの人類学』、共著、人文書院、2008年2月

「共同的映像のひらく可能性─メキシコ・チアパス地域先住民の実践から」『言語文化研究』、第二十一巻三号、立命館大学国際言語文化研究所、2010年2月

「アジア的生産様式」「ゲマインシャフトとゲゼルシャフト」「市場」「史的唯物論」「疎外」「土台と上部構造」「ヘゲモニー」「模倣」、東長他編『持続型生存基盤論ハンドブック』、共著、2012年11月、京大学術出版会

「もう一つのニカラグア:大西洋岸とのかかわり」、「狂った小さな軍隊:サンディーノと民族主権防衛軍」、「保守主義の時代と自由主義革命:『保守党の30年間』とその帰結」、「サンディニスタ革命期の文化政策:『あたらしい人間』のための文化」、「先住民という『他者』:混血のニカラグア神話」、田中高編『ニカラグアを知るための55章』、共著、明石書店、2016年6月